カスタムイベントのタグを実装する

イベントをゴールとして設定しよう

Content AnalyticsではURLのほかにイベントもゴールとして設定することが可能です。

カテゴリ単位・アクション単位・ラベル単位で目標を設定できます。

2022年6月現在、ゴール設定数は制限しておりません。

設定の流れ

設定の流れは下記の画像のように大きく3STEPとなります。

image

設定方法

それでは、実際に設定してみましょう!

STEP1:プロジェクト設定画面で「ゴールの追加」を行う

左のナビゲーションメニューの「プロジェクト設定」を選択します。

「プロジェクト設定画面」の中にある、「ゴール一覧」メニューより「ゴールを追加する」ボタンを押下します。

image

目標タイプに「イベント」を選択し、イベント条件を入力します。

image

STEP2:イベントトラッキング設定(JavaScript)を行う

ゴールイベントで設定したカテゴリ・アクション・ラベルなどを、イベントを発生させたいボタン・リンク等のクリックイベントで発火するように、JavaScriptを記述してください。

パラメータ名はGoogle Analyticsのパラメータ名を模した項目をご用意しております。 Google Analyticsのイベントトラッキングと同じパラメータ設計でご利用ください。

イベントの説明

パラメータ名値の入力形式必須説明
eventCategory
文字列
必須
link, button, など対象オブジェクトを表すワードや、summer_campaign2022 などキャンペーン名を設定することを想定
eventAction
文字列
必須
click, playなど対象オブジェクトの動作を表すワードを設定することを想定
eventLabel
文字列
省略可※
イベントの分類を表すワードを設定。 例: banner_bottom, 下部バナー, summer_campaign2022_banner_bottom など。
eventValue
半角数値
省略可※
数値入力 例)購入金額をeventValueにセットすると、「購入金額が10,000円以上」のゴール設定等が可能になります。

※ eventCategory, eventActionだけでイベント値を管理できない場合を考慮して、eventLabel, eventValueを用意しています。もし必要なければ、省略可能です。

イベント例

// 最低限必要なパラメータ
_ca('event', {
  eventCategory: 'button',
  eventAction: 'click'
});

// 全パラメータ
_ca('event', {
  eventCategory: 'button',
  eventAction: 'click',
  eventLabel: 'campaign',
  eventValue: 123.456
});

より具体的な実装例

// ※サイトでjQueryが利用できることが前提のコード
// 1. 上部バナー計測
$('a.banner_top').on('click', function () {
  _ca('event', {
    eventCategory: 'summer_campaign2022',
    eventAction: 'click',
    eventLabel: 'summer_campaign2022_banner_top'
  });
});

// 2. 下部バナー計測
$('a.banner_bottom').on('click', function () {
  _ca('event', {
    eventCategory: 'summer_campaign2022',
    eventAction: 'click',
    eventLabel: 'summer_campaign2022_banner_bottom'
  });
});

STEP3:ページレポート/コンテンツレポート確認

レポートのゴールプルダウンをゴールイベントに変更し、コンバージョンをご確認ください。

※イベント発生からレポートに反映されるまで30分~1時間かかります。

image